留学生との京都観光で少しだけ通訳をした

マンツーマン英会話を習っていても、自分での勉強も大事だと痛感した出来事がありました。大学生のある日、海外留学生と一緒に行く京都のバスツアーに行きました。留学生の日本語のレベルはまちまちで、流ちょうに喋れる人もいれば、まだまだ片言の人もいました。

かなりありがちなことだと思うのですが、私はその時京都のお寺のことなどを、英語で通訳することが難しく、しどろもどろになってしまいました。そこで働く人たちは一生懸命に日本語で説明をするのですが、お寺ならでは、日本にしかないような文化や言葉を英語にするのは、それを単語で訳せないのでいちいち説明する必要があったのです。そのような英語がない場合はこうなってしまいますよね。

頼もしかったのは私ではなく、京都で働く人達です。もう英語で説明することに慣れているのか、決まり文句のようにスラスラと慣れた様子で説明していました。さすが外国からの観光客が多いだけあります。観光地では外国人は多いですが、通訳は必要ないのかもしれませんね。現地の人が既に英語での説明をマスターしています。



Comments are Closed

© 2018: 英会話スクールでローンを組んではいけない | Awesome Theme by: D5 Creation | Powered by: WordPress