翻訳に自信がない場合の対処

英語教室に通っただけで翻訳ができるかというと、必ずしもそうではありません。良い翻訳をするためには、その人に言語知識があることが必須条件です。あまり自信がないという場合は翻訳サイトを使うなどして翻訳することも可能ですが、それは必ずしも良い翻訳とは言えません。

もし自信がなくて良い翻訳をしたいという場合には、一番理想的なのはその言語に通じるネイティブスピーカーが隣にいることです。実際にはそんな好待遇はないでしょうし、あったとしてもその人がいなければ仕事は成り立ちません。二人三脚で行う仕事となりますね。

ですが、これでも完璧な訳にはなりません。何故なら、翻訳する方がネイティブスピーカーの言うことを理解できても、そのニュアンスまで理解できるとは思えないからです。それができるならば既に一人で作業ができるはずです。

誰が見ても褒められるような訳は無理にしても、作者の意図を性格に伝えるにはまず自分の頭を鍛える必要があると思います。言語に精通していると言えなければ、本格的な翻訳は無理でしょう。



Comments are Closed

© 2018: 英会話スクールでローンを組んではいけない | Awesome Theme by: D5 Creation | Powered by: WordPress